<第369回>御殿場支部11月例会 開催

【日時】平成27年11月11日(水) 19:00~
【会場】エピ・スクエア 2F エピ・ホール

『自社の格付けアップ!第2弾』
~社長さん、あなたの行動見られてますよ~
20151124-IMG_2841.jpg
講師 沼津信用金庫 融資管理部 部長 岡田 康之 氏

 11月の御殿場支部例会は、「自社の格付けアップ!第2弾」~社長さん、あなたの行動見られてますよ~と題し、沼津信用金庫 融資管理部長 岡田康之氏を講師にお迎えして開催いたしました。
 昨年度は決算書の数字から見る「定量分析」についてのご講演でしたが、今回は第2弾として「定性分析」についての講演です。
 金融機関が融資先である我々中小企業を自己査定する際、経営者の資質や経営環境など数値化できない分野をどのような観点で評価しているのか?長いお付き合いをしている金融機関の担当者からもなかなか聞くことができないお話を、より具体的に教えていただきました。
20151124-IMG_2835.jpg
担当の斎藤大介部会長あいさつ

 定性分析では大分類にするとファンダメンタルズ、トップマネジメント、経営基盤、マーケティングの4つのチェック項目があるそうです。各項目で社歴や取引先の状況、業界地位などといった企業の基本情報から、会社の商品の採算性、取引状況、アフターサービスといった企業経営に直接かかわる商品力、はたまた従業員の採用状況や給与体系、教育の仕組みづくりといった組織にかかわる部分、そして経営者自身の計画性や健康度、後継者育成度合から、会社の整理整頓状況、従業員の電話対応や接客態度、服装など…。評価項目が多肢にわたっていることに驚かされました。
 なかでも(そんなところまで!?)と驚かされた項目は、「社長の公私混同・異性関係の有無」や「社長のタイプ」といった経営者個人の行動、資質に関する部分も、定性分析では見ているそうです。
 一通りの説明を受けた後は、参加者各自が自社の定性分析を実際に行いました。あくまでも自分基準の評価なので、実際に金融機関の方が見る見方とは違うのかもしれません。
20151124-IMG_2862.jpg
みなさん自分を定性分析中
20151124-IMG_2873.jpg
「おい、これ甘く付けてね~?」

 もちろんこの定性分析がそのまま融資の可否や金利の決定に使われるわけではないそうですが、比較的小規模な売り上げの会社ほど、定量分析より定性分析の採点割合が増えるとのことでした。
 中小企業は我々経営者が同友会で学んでいる組織づくり、理念浸透、経営指針作成、社員共育といった「経営者の学び」すべてについて、金融機関もしっかりと評価してくれることを学び、と同時に私たち経営者が発信していくことも大切なことであることを学んだ例会となりました。

文:フヱタ工業(有) 大川隆久

投稿日:2015年11月24日:御殿場同友会

30周年記念事業第4弾 POPサーカス公演 開催

【日時】平成27年10月4日(日) 16:00~18:00
【会場】御殿場高原 時之栖 POPサーカス特設大テント
20151009-tento.jpg

 平成27年10月4日(日)、御殿場高原 時之栖 ポップサーカス特設大テントにおいて、同友会御殿場支部の30周年記念事業の最後を飾る、ポップサーカス公演鑑賞が行われました。
この事業は、30周年記念事業のスローガンである、
「未来へつなごう、30年の想い」
~歴史に感謝、仲間に感謝、地域に感謝~
のサブタイトル2つ目、『仲間に感謝』に重きを置いた事業です。
 当日は会員各氏のご家族、従業員の方々やお取引先のご家族連れなど多くの方にご来場いただき、貸切り公演となった1,300余りの客席を埋め尽くす、多くの方々にサーカスを楽しんで頂く事ができました。
20151009-daisuke.jpg
クラウンと共に、勝又大介30周年実行委員長のあいさつ
20151009-uketuke.jpg
受付担当の記念事業委員会の皆様、お疲れ様でした
20151009-mikurin.jpg
開場前には、ミクリンとごてんばこめこも駆けつけて盛り上げてくれました

ここで、会員の方から感想を頂いたのでご紹介いたします。

サーカス公演を鑑賞して
30周年記念事業、最後のイベントである「サーカス公演」は、千人を超える来場者の『笑顔』にあふれた公演になりました。
その理由の一つは、サーカスが笑いあり、ドキドキありと、子供はもちろん大人も楽しめる素晴らしい公演だったからだと思います。
 しかし、それ以上にこの公演では、会員もお客さんも一体となって楽しめたことも『笑顔』につながったと感じました。今回の公演には、多くの会員が家族や仲間を誘って参加し、一緒になって楽しんでいました。私も今回家族や社員、日ごろお世話になっている方々を招待し、一緒に楽しませてもらいました。
 そして講演後には、招待した方々から「楽しかったよ。ありがとう。」という言葉をたくさんいただきました。
 30周年記念事業のサブタイトルの一つに「仲間に感謝」があります。今回の「サーカス公演」は、このサブタイトルどおり、家族、社員、お客様、友人そして同友会の仲間、そうした多くの仲間に対して『感謝』のできた素晴らしい公演だったと感じました。そして、こうした事業が実現できる同友会に改めて感謝の気持ちを持ちました。
 「本当に楽しかったです。ありがとうございました。」
北田記章氏(株式会社北田木材)

記念事業委員会メンバーからの感想
 わたしたち経営理念部会は、30周年記念事業のトリを飾る「ポップサーカス 同友会記念公演」を企画運営しました。
 同サーカス企画の理念は、30周年記念事業のテーマのうち「仲間に感謝」の実現、すなわち、日頃ともに学び支え合う仲間である同友会御殿場支部の会員の皆様とその縁の方々に、日常を離れて心から楽しんで頂くこと、そのために会員の皆様に極力負担をお掛けしないことでした。
 サーカス公演の基本的枠組みについては、時之栖様のノウハウを全面的にお借りしましたが、同友会記念公演独自の部分である、チケット販売の方針とスケジュールの設定、チケット注文の管理、チケット作成と引渡し作業、サーカス当日のお客様誘導方法等の確認等、慣れない作業の連続に、部会員一同四苦八苦しました。それでも、前記の理念のもと、本年4月より、部会において綿密な打ち合わせを繰り返し、部会員が一丸となって準備を進めることができました。
 これらの過程を通じて、改めて、事業を成し遂げる際の理念の重要性について学ぶことができました。
内海雅秀氏(内海総合法律事務所)




投稿日:2015年10月09日:御殿場同友会

第2回 同友会まつり in ごてんば

【日時】平成27年9月5日(土)
【会場】高根ふれあい広場・中郷館
20150907-IMG_2051.jpg

 平成27年9月5日(土)、高根ふれあい広場・中郷館において第2回同友会まつりin 御殿場が開催されました。
 連日不安定な空模様が続き天候が心配されましたが、前日準備、まつり当日の2日間は晴天に恵まれ、昨年を上回るほどたくさんの地域の皆さま、そして大勢の子供たちに来場して頂き、大盛況の同友会まつりとなりました。

開催前日、9月4日(金)の午後から設営開始。昨年に続いて2回目の開催となる今回は、会員各氏の準備も手慣れたものです。また、会場をお借りしている高根ふれあい広場・中郷館さんにも多大なるご協力を頂き、館長はじめスタッフの方々も手を貸していただき、予定時間を1時間以上残して設営が完了しました。
20150907-IMG_1833.jpg
20150907-IMG_1842.jpg
20150907-IMG_1829.jpg
企画委員長、出席確認ご苦労様です

 当日の会場には、同友会御殿場支部の会員企業が数多く出店。小・中学生を対象に地元中小企業の仕事を体験してもらう職業体験ブース、バラエティー豊かなメニューを取り揃えた飲食ブース、普段なかなか間近で見る事ができない働く車の展示、実演。さらに同友会実行委員会運営によるマスのつかみ取り体験や支部広報委員会設営による同友会PRブース、乗馬クラブのご協力による引き馬乗馬体験や、地元の小・中・高校性によるステージイベントなど、盛りだくさんの内容でした。
20150907-IMG_1865.jpg
広報委員会設営の同友会PRブース
20150907-IMG_1878.jpg
開場前に例会セレモニー開催中
20150907-IMG_1923.jpg
20150907-IMG_1968.jpg
職業体験ブース
20150907-IMG_2028.jpg
20150907-IMG_2255.jpg
はたらく車ブース
「同友会まつり」は、非常に同友会ならではのお祭りです。138社の地元企業が集まる同友会御殿場支部には、様々な業種の企業が集っています。会員企業が、それぞれの会社が持つ得意分野を持ち寄って作り上げています。当日お越しいただくお客様、こどもたちが、1日楽しんでいただけるお祭りを作ることを目標に、6か月以上かけて準備が進められてきました。

 今年、支部設立30周年を迎えた御殿場支部。30周年スローガン「未来へつなごう、30年の想い」~歴史に感謝、仲間に感謝、地域に感謝~に謳われている「地域に感謝」を目標に行われたこの同友会まつりですが、地域の方々に楽しんで頂いたのはもちろん、将来の地域経済を担う小・中学生には私たち地元中小企業の仕事を知り、将来この地で働きたいと思ってもらうきっかけ作りが出来たのではないでしょうか。そして訪れた保護者の方々にも、中小企業家同友会御殿場支部という団体が、この地でこれほどのパワーを持って学び、企業経営に取り組んでいることを知って頂く良い機会であったと思います。

 結びに、この同友会まつりは多くの支部会員が力を合わせることで成り立っています。まつりをきっかけに支部会員の絆を深め、未来へむかって更なる支部活動の発展につながる行事となりました。

投稿日:2015年09月07日:御殿場同友会

静岡県中小企業家同友会 御殿場支部設立30周年記念式典

【日時】平成27年7月14日(火)
【会場】御殿場高原ホテル

参加者総勢 152名
  支部会員 101社、113名(サブ登録会員ならび他団体来賓参列会員を含む)
  来賓参加 39名

20150720-IMG_0874.jpg

平成27年7月14日(火) 御殿場高原ホテルにおいて、支部設立30周年記念式典を挙行しました。
菅沼支部長と勝又実行委員長の挨拶で始まり、近隣の各市町並びに各団体のご来賓の皆様よりお祝いの言葉を頂きました。
30年を振り返るフォトムービーの上映では、設立当初の活動スナップや今とは違う肌ツヤの画像を見ながら
懐かしと、30年間の歴史を感じました。
その後、歴代支部長への感謝状と記念品の贈呈式が行われ、互いに記念品の似顔絵をみながら微笑む場面は印象的でした。
最後に、初代支部長の田中様より『ありがとう!』の謝辞を頂き、滞りなく行われました。

20150715-_J7A0006.JPG
20150715-_J7A0014.JPG
20150715-_J7A0082.JPG
20150715-_J7A0136.JPG

引続きの30周年記念講演では、講師にキリンホールディングス株式会社 代表取締役社長の磯崎様をお迎えし
『キリンのCSV戦略』と題した講演が行われました。

― 企業の成長は、共有価値の創造と社会問題の解決を同時に行うことで成り立つ。 ―

ご自分の入社当時からの経験談にエピソードを交え、プロジェクターを使い非常にわかりやすく講演されました。
 ・小さな成果を積み上げて、活動を大きく育てていく事
 ・企業が成長するうえでの戦略的思考をもつ事
 ・自社の持つイノベーションや技術力を知的に活用する
 ・自分たちの持っている技術を周辺環境に合わせて活動する
4つの大切な心がけをご教授頂きました。
また、
『トップが強くなければ会社も強くなれない!』
様々な名言を残した講演には盛大な拍手が贈られました。

20150715-_J7A0164.JPG
20150715-_J7A0168.JPG

会場を移した懇親会では

『未来へつなごう30年の想い』
~歴史に感謝、仲間に感謝、地域に感謝~
のテーマを基に、会員皆が懇親をはかる会場でジャズ演奏が花を添えました。

20150715-_J7A0261.JPG

投稿日:2015年07月15日:御殿場同友会

第363回 御殿場支部5月例会 開催

「還暦オヤジが吠える!」
~若手会員よ これが本音トークだ!~

【日時】平成27年5月13日(水)
【会場】エピ・スクエア

20150527-PICT8041.jpg
コーディネーター 勝間田 元 交友委員会委員長(勝間田機械商事(株))

5月13日(水)エピ・スクエアにて、会歴15年以上のベテラン会員が所属する交友委員会設営の例会が行われました。勝間田元交友委員長をコーディネーターとし、パネラーに迎えたのは経営においても、人生においても円熟期を迎えた先輩経営者5名。会場は中心にパネラー席を設置し、その周りを取り囲む様に聴講者が座るという、若手会員とベテラン会員の距離を縮めるレイアウトがなされました。
20150527-PICT8057.jpg
20150527-PICT8051.jpg
パネラー(左より)外山恵市氏((株)アイ設備)、勝俣昌典氏((株)フィットコーポレーション)、芹沢卓司氏((有)二の岡フーヅ)
20150527-PICT8052.jpg
パネラー(左より)杉山 仁氏((株)ビジネスドクター)、佐藤 章氏(オートアシスト&サトーレッカー(株))

先輩経営者がこれまで経験し、苦労してきた理念浸透、人育て、事業承継や同友会での学びの実践の披露。また同友会後の飲み会での激論の様子。「本気で語れ!熱く語れ!」との若手に対する思いも伝わりました。
例会中は周りを取り囲む会員にもマイクを向け、活発な質疑応答をし全員参加の例会となりました。思惑どおり還暦オヤジの人となりも見ることができ、聴講した会員も、同友会の辞書の人名の部でのページが更新されたことでしょう。支部創立40周年を迎えるにあたり有意義な例会となりました。

20150527-PICT8053.jpg
20150527-PICT8050.jpg

㈲魚森 藤森 利彦

投稿日:2015年05月27日:御殿場同友会

第362回 御殿場支部4月例会(第31回支部総会)開催

【日時】平成27年4月8日(水)
【会場】THE GOTEMBAKAN

平成27年4月8日 THE GOTEMBAKAN に於いて静岡県中小企業家同友会 第31回御殿場支部総会が参加者88名(来賓オブバーザー含む)の出席のもと開催されました。
今年度は支部創立30周年のということもあり、多数のご来賓の方の出席を賜り、来賓のご祝辞の後、根上武久氏((有)中村石油)が議長に選任され審議が始まりました。
20150410-DSC_1984 (800x531).jpg
議長・根上武久氏((有)中村石油)
 通常の総会議案である、平成26年度の経過報告や平成27年度の役員選任、活動計画、予算計画の審議が行われたのち、今年度の一大イベントである30周年事業案審議がおこなわれ、満場一致で承認されました。
20150410-DSC_1920 (800x523).jpg
平成27年度の支部役員の皆様
 この総会承認を受け、正式に今年度の御殿場支部体制が可決・成立し、同時に支部設立30周年実行委員会も組織されました。支部総会が閉じた後には、御殿場支部30周年記念事業のイメージポスターも公開。今後1年間、このポスターを支部会員の皆様に配布し、各会員企業に掲げて頂くほか、御殿場支部管内の公共施設にも配布して、「静岡県中小企業家同友会 御殿場支部」の、地元中小企業の活力を広く知っていただく為に役立てていきます。
20150410-DSC_2014 (800x531).jpg
30周年のイメージポスターが公開されました

記念すべき30周年の年 平成27年度の御殿場支部がスタートいたしました。

20150410-DSC_2036 (800x531).jpg
20150410-DSC_2046 (800x531).jpg
20150410-DSC_1884 (800x531).jpg

投稿日:2015年04月10日:御殿場同友会

第361回 御殿場支部 3月例会 開催

『原点回帰!事業計画から見えた未来』
~自社を把握することが次のステップへの近道~

【日時】平成27年3月11日(水)
【会場】森之腰 エピ・スクエア
【報告者】有限会社勝又造花店 代表取締役 勝又 薫 氏

20150315-PICT7963.jpg
【報告者】勝又 薫氏 (有)勝又造花店

 平成27年3月11日(水)、エピ・スクエアにて第361回御殿場支部3月例会が開催されました。経営対策部会設営の3月例会は、今年1年間かけて部会で作成した経営指針の発表会です。
 冒頭では昨年経営指針発表を行った(株)フィットコーポレーション 勝俣智史氏より、1年間の計画進捗状況の報告がなされ、経営指針作成から1年間経った現在までに指針を実行するに当たり苦労した点などが語られました。
 今年の報告者である勝又薫氏が代表取締役を務める(有)勝又造花店は、市内を商圏とする中堅の葬祭業者です。冒頭で同友会入会から経営理念作成までの思いを語って頂いたあとは、SWOT分析を元にした自社分析、経営理念を元に作成した新しい葬祭スタイルの提案、そして10年後、20年後のマーケットを見据えた事業計画が語られました。SWOT分析・クロス分析から導き出した重点対策に対して、ワークシート化された様々な切り口から戦略を立て、成功ストーリを組み立てていく手法は、聞いている私たちにも判りやすく為になるものでした。
20150315-PICT7966.jpg
SWOT分析発表の様子
 今回の勝又氏の報告では、「戦略を立てる」というロジックの部分と、勝又氏のお客様や仕事に対する「熱い理念」であるロマンチックの部分を上手く融合させ、20年後のビジョンを作り上げる手法を学ぶことが出来ました。

フヱタ工業(有)大川隆久
20150315-PICT7968.jpg
20150315-PICT7969.jpg
報告後のグループワークの様子

投稿日:2015年03月15日:御殿場同友会

第360回 御殿場支部 2月例会 開催

『御殿場支部発!経営理念『見える化』プロジェクトVol.2』
~理念はどこから生まれるか?今ほとばしる魂の叫び!~

【日時】平成27年2月10日(火)
【会場】森之腰公民館
【経営理念発表者】
 ・北田 記章氏(北田木材)
 ・中村 京氏((株)不動産鑑定士中村京事務所)
 ・八木 宏昌氏(行政書士 ワイズオフィス)
 ・矢後 芳昭氏((株)御殿場地所)
 ・内海 雅秀氏(内海綜合法律事務所)
20150212-PICT7862.jpg
額に飾られた各社の経営理念
 平成27年2月10日(水)、森之腰公民館において、経営理念部会担当となる第360回御殿場支部例会が開催されました。
毎年恒例となっている経営理念発表会。今年は5名の経営理念発表が行われました。
 同友会御殿場支部に新入会した会員は、必ず初年度に経営理念部会に所属し、1年をかけて経営理念の成文化に取り組みます。経営理念はまさに「社長の想い」を成文化したもの。どのような会社にするか?何のために経営しているか?社会にどのような貢献をするか?など、「社会性」「科学性」「人間性」の3つの観点に基づいた経営の礎を成文化したものです。

 また、各経営理念発表につづき、北田紀章氏には田山直喜氏、中村京氏には佐藤道枝氏、八木宏昌氏には根上武久氏、矢後芳昭氏には矢後芳博氏、内海雅秀氏には勝間田元氏から、各発表者が発表に至るまでの苦悩や発表者への激励を語る時間が設けられました。“経営者の思い”が詰まった経営理念の成文化は、まさに経営者の登竜門です。

20150212-PICT7870.jpg
極寒の中、駐車場係をしてくださった企画委員の皆さん(ありがとうございます)

それではここで、今回の例会設営を行った経営理念部会の副部会長、杉山氏の寄稿をご紹介します。

『極寒の御殿場に轟く魂の叫び』
 4月から毎月勉強を進めて参りました経営理念部会は、この度の担当例会におきまして5名の会員が経営理念を発表致しました。
 先代・先先代から事業を継承している者。専門家として独立起業した者。それぞれが自分の思い描く事業の方向性・受け継ぎ共感した想い・経験から身に付けた理想・プロとしての高い意識を表現し発表致しました。
 また今回は、それぞれに縁のある先輩会員から応援メッセージを頂くという形式をとりました。
 先輩自身も理念作成当時、頭でわかっているのだが、思っている事をその通りに言葉で表現できず、何度も悩み考え抜いた経験をされました。そこから生み出した理念は、自社の存在意義であり、従業員が経営者の思いを共有するためのガイドであり、自分自身を奮い立たせるための鏡となるというメッセージでした。
 理念を作ることがゴールではありま せん。理念を基に経営していくことがこれから始まるのです。一人の経営者としてのキックオフ。参加した会員も皆、発表者の熱い思いに、明日からのエネルギーを補給したことと思います。
杉山 道洋 氏((有)杉山養鶏場)



投稿日:2015年02月12日:御殿場同友会

支部設立30周年記念例会に向けて・・・

われわれ静岡県中小企業家同友会 御殿場支部は、平成27年度、支部設立30周年の節目を迎えます。
それに先立ち御殿場支部では現在、30周年実行委員会を組織して数々の記念事業を計画しております。

支部の誕生月にあたる7月例会では30周年記念式典、ならびに記念講演を予定しております。
実行委員会では記念講演の講師として、キリン㈱ 代表取締役社長 磯崎功典(よしのり)氏の名前が候補に挙がっておりましたが、本日 菅沼良将支部長はじめ支部役員4名が伺い、正式に講演を快諾して頂きました。

20150209-IMG_6778.JPG
キリン㈱ 代表取締役社長 磯崎功典氏(左) と 菅沼良将 支部長(右)


【開催日】平成27年7月14日(火)

【講師】磯崎功典(よしのり)氏 (キリン㈱ 代表取締役社長)

今後実行委員会では、記念講演のテーマや演題などを磯崎社長と打合せの上、当日を迎えたいと思います。
支部広報委員会では今後も支部ブログ、ならびに同友会御殿場支部Facebookページなどを用いで告知させて頂きますのでお楽しみに!

20150209-IMG_6780.JPG
支部役員との記念撮影

投稿日:2015年02月09日:御殿場同友会

第359回 御殿場支部 1月例会 開催

『あなたの会社の格付けアップ大作戦!』
~決算書の査定ポイントを金融機関が教えます~

【講師】沼津信用金庫 融資管理部  副部長 岡田 康之 氏

20150130-PICT7718.jpg
【講師】岡田 康之 氏

平成27年1月14日(水)、エピ・スクエアにて同友会御殿場支部1月例会が開催されました。
新年最初の例会は経営資源活用部会設営のもと、沼津信用金庫 融資管理部 副部長 岡田康之氏を講師にお迎えし、金融機関がわれわれ中小企業に融資を行う時に行う、信用格付(査定)のポイントについて講演をしていただきました。

20150130-PICT7684.jpg
遠藤直樹 事業部会担当副支部長のあいさつ
菅沼支部長はインフルのため、ドクターストップでした
20150130-PICT7710.jpg
齊藤大介 経営資源活用部会長のあいさつ


 今年度の経営資源活用部会では、4つの経営資源『ひと・モノ・カネ・情報』のうち、『カネ』(つまり、決算書の読み説き方、分析の仕方)に焦点を当てて4月から勉強を行っております。1月例会はその経営資源活用部会設営の例会となるため、資金調達先となる金融機関を講師にお招きして、格付けアップをするためにはどのような決算書を目指すべきかについてご講演頂きました。
 われわれ中小企業は、経営を行う上で多かれ少なかれ金融機関から借り入れ(融資)を受けて資金調達を行うことになります。その際、貸し出す金融機関がどの様な基準で、われわれ中小企業の査定を行っているのか…。
大きく分けると定性分析と定量分析の2つに分けられるそうです。数字がかかわるのは後者の定量分析。
定量分析では、単純に会社の決算書上の〝見た目″を良くするだけではなく、実質債務超過のあるなしが重要との事でした。格付上位の会社を目指すという事は、実際の業績も経営者が把握し、財務管理が出来ている良い会社を作る事が大切であると学びました。

また、今月の例会では、新入会員の紹介も行われました。
(株)しまだの嶋田康一氏が入会されております。
遠藤直樹 副支部長から「同友会3つの目的」の盾と、バッチを授与され、仲間入りしました。
20150130-PICT7692.jpg
新入会員の 嶋田康一 氏 ((株)しまだ)



投稿日:2015年01月30日:御殿場同友会

新着記事
ー伸びる会社は入ってます!ー ゴルフ同好会による交流コンペ開催!!
ー伸びる会社は入ってます!ー 静岡県中小企業家同友会 第45回 定時総会 
―伸びる会社は入ってます!ー 第399回 静岡県中小企業家同友会御殿場支部 例会
平成30年度静岡県中小企業家同友会第34回御殿場支部総会
第396回 2月例会 開催
イントロセミナー&新入会員オリエンテーション 開催
1月例会
12月例会 臨時総会・忘年例会 開催
同友会まつり
同友会まつり!!開催まで12時間!
カテゴリー
アーカイブ
支部ブログ
例会案内
同友ごてんば
フォトギャラリー
リンク集
静岡県中小企業家同友会御殿場支部
〒412-0038
静岡県御殿場市駒門1-158
工業振興センター内
TEL:0550(87)8510
FAX:0550(87)8511
E-Mail:
info@doyu-gotemba.jp